スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | top ▲
天使達の抗い~暁
いよいよ最終章。
先日取った輝きを手に、まずは印取りから。
これはNMエリアを越えないと行けないので、ゾンビで行きます。
ナイトさん突っ込んで自分だけ犠牲になれば行けるかな?と行ってみたんですが、NMは消えないので無理でした(´・ω・`)
全員仲良く死体から起きて、印ゲット!
まずは天使達の抗いBCへ。
※ここからプロマシアミッション未クリアの方は見ない方が良いSSがあります。
天使達の抗いは、ツボ4つ出てくるBCで、非常に困難といわれています。
やってみて分かった…ツボだから寝にくいし、特殊技が多すぎて、状態回復が追いつかない。
小さいツボ二つが黒タイプ、大きいツボ二つがナイトタイプ?ということで、まず黒ツボを何とか倒し、扉付近で死ぬ>ゾンビ作戦です。
というのも、黒ツボは定位置に戻るとHPが回復するのですが、ナツボは回復しないのです。
但し死ぬ時は扉前で死なないと、起きると感知して襲ってくるので注意。
構成はナ忍暗赤黒白。

ツボツボツボツボ

結果何度も失敗(´・ω・`)
黒ツボがスリプルをレジってぐだぐだに…とか、死ぬ場所がまずくて…とか。
分かっていないとキツイBCですねヽ(´Д`;)ノ
ありがたいのが経験値ロストがないこと。
次はこうしよう、ああしよう、と話しながら何度も突入。
後から別PTがやってきて、このBCは1PTしか入れないので妙な緊張感がw(しかも戦っているログも見える…
何度目かの挑戦。
黒ツボ倒した!死ぬ場所もOK!リレで立ち上がり、衰弱時間はまた作戦会議を。
「いける!」
「いけるね!」
と話しながら戦闘再開。
ツボ4匹が2匹になってかなり楽に。
倒した時の充足感はたまらなかったw

勢いで暁も!と最後のBCへ向かう。

ここまで来たね

天使達~に比べると楽だよ、とは言っても気は抜けない。

いよいよラストBC!

な、なんじゃごりゃーーーーΣ('д';≡;'д')なこの空間。感動しました。
そして敵。
デカイ…デカすぎる…そしてキモい(;´д⊂(失敬
「うわーーーーーーーーw」
「なんじゃありゃーーw」
とかいいつつ戦闘開始。
みんなどことなくリラックスしているような感じがしました。

飛んでマス

BC内は激しく広いので、ケアルが届かないことも多々あり(´・ω・`)
追っかけてかけると静寂に巻き込まれる始末(;´д⊂(サイレナ・やまびこ効かない
結局ボーッと見てる時間の方が長かった気がw

けれど、勝利した後の「終わった……」という脱力感と達成感は、二度と味わえないかもしれない。

最後まで付き合ってくれた固定メンバーと、閉会式。
みんなと出会ったルルデの庭で。

ありがとう!

思えば、ミッションサチコで募集していた「誓いの雄叫び行きませんか?ただ今4/6」というリーダーにtellしたのがきっかけ。
良ければ次も一緒に、という提案に乗って、途中でナイトさんが加わって、黒さんがリアル事情で離脱して、とあったけど、喧嘩もせずw最後まで来れました。
本当に苦しいミッションだったけど、一番大事なのは譲る心かなぁ、と思いました。
スケジュールにしても、薬品にしても、ジョブにしても。
コレじゃなきゃダメ!って良くないかもしれません。(時にはコダワリも必要だけど)
私は特にLV50制限からは白しかジョブがなくて(しかもカンストしてないし)、いつでも抜けていいから、と言ってたんですが。
白が一番融通効くし、せっかくだからこのメンバーで!と連れて行ってくれて本当に感謝しています。
レベリングしてたら「珍しいことしてるっ」とリーダーからtellが来て、笑いながら「カンストは間に合わないけどせめてエラントはw」と返したら。
「無理するなー!大丈夫だからw」と返事が来て嬉しかったなぁ。
あんまり好きじゃないレベリングをするモチベーションにもなりましたwありがとう。

というわけでタマスリングゲットしましたヽ(`Д´)ノ
まったりまったり、カンストに向けて歩いて行きたいと思います。
あとは空だな( ̄ー ̄)(ジラの前にプロマシアクリアっておかしくね?というツッコミは受け付けません。
この記事のURL | FFXI ミッション | COM(0) | TB(0) | top ▲
Back | Top Page | Next
COMMENTS
top ▲
POST A COMMENT















管理者にだけ表示を許可する

top ▲
TRACK BACKS


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top ▲
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。